【参戦レポート】打ち上げまで含めて楽しかった!!

2019/07/14 第4回グッドサンデーレーサーズ@本庄サーキット
#10 『獣王夢神』 市ノ瀬 昌昇 選手

今回GSRの耐久に出て、久しぶりのサーキット走行とあいにくの天気で不安がありましたが、レース会場の雰囲気とライダーたちのマナーも良くて安心して走行できました。
また機会があったらGSRに参加したいです。
後、終了後の打ち上げも楽しかったです!!

【参戦レポート】いつもはスタッフ、ついに参戦!!

2019/07/14 第4回グッドサンデーレーサーズ@本庄サーキット
#22 『ロッドマスターズM.C&プロガレージ』 市橋 修吾 選手

グッドサンデーレーサーズ(以下GSR)初の2時間耐久レースに参加させていただきました。

私も大のレース好きながら愛車がアルミフレームなので、年2回開催中のGSRには出場できず、微力ながらスタッフとしてお手伝いさせていただいてます。

ところが今回の耐久レースは、フレーム及び車種不問の特別ルールにつき、人手が足りないスタッフ皆さんに後ろめたさを感じつつ、9Rで参加できる絶好の機会を楽しみに当日を迎えました。


3人1組の3on3形式なので、この3台でエントリー

 

 


朝から午後のスタートまで降り続く雨の中、いよいよスタートです。

私は第1ライダーを任され、ルマン式のグリッドは9番目。

そもそも雨のレース経験など全くないし、この日の為に履いたタイヤはフロントにレーステックrr K1、リアはスーパーコルサSC2(共に中古)ですがコレ雨走れるの?…。もう考えても分からないので出たとこ勝負の運まかせでバイクに駆け寄りました。

1ヘアの混戦をほとんど偶然に抜け出し4位に。

タイヤもコケそうでコケずに30分経過時には2位に。ほどなく赤旗中断からの再スタートではなんと1位に。ミラクルてんこ盛りで第2ライダーにバトンタッチします。

ところが第2ライダーのバイクに火が入りません。

何とかコースインするも結局走行不能に…残りの時間を2台で走る事になります。

急いで第3ライダーが準備して発進します。

第2ライダーの分まで周回を重ねて力走するエコ男爵@Z1000J

そしてこの頃になると雨は止んで路面も乾いてきました。

エコ男爵から再びバトンを受け取って残りは30分弱。私もラストスパートです。

先程とは一転、グリップが上がり周りのライダーも速い!スプリントな匂いがプンプンしてきます。た、楽しいぃー

私も周回ごとにタイムが縮まりノッてきた頃…

赤旗により早めのレース終了となりました。

あららー

リザルトは13位/17台中。

しかしフルウエットからドライ、そしてマシントラブルと耐久レースあるあるを存分に味わえて楽しかったです。何よりチーム3人とも転ばす怪我せず終われた事が最高です。

でもまた来年開催されれば、今度はリザルトも狙ってリベンジ参戦したいなと思ってます。

GSR耐久レース参加の皆さん、運営スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

【参戦レポート】即席チームで初めて愛車とレースに出ました!

2019/07/14 第4回グッドサンデーレーサーズ@本庄サーキット
#68 『クラス1の異端児』 市村 王明 選手

7月14日の3on3のレースに出場させていただき、とても楽しく、また自分のバイクライフの意識が変わる転機になった気がします。

昨年までミニバイクレースには出ていたものの、街乗りで使っていたSRX600でレースに出ようなど露ぞ思ったこともなく、リスクから「レースはレーサーで」と思っていた自分でした。
ですがそんな中、GSRライダーの方々の持ち込む様々なバイクを見ていくうちに「SRXでもサーキットを走ってみたい……!」と思うようになり、3on3開催の一か月ほど前に樋口さんから「欠員がいるチームで出てみないか?」とのお誘いにまんまと(?)嵌ってしまい、今回出場と相成りました。

レース前日に慣れないドリルでドレンにワイヤリングの穴を開けたり、スプロケットを交換したりしながらバタバタと準備を終え、
初めての17インチタイヤでのレースにテンションは上がりながらも、「梅雨明けのツーリングでも使うバイクなのに、転んだらどうしよう…」等とどうしようもないことを考えながら当日を迎えました。

チームメイトはレース当日初対面、Z750Tの新藤さんとGB500の佐藤さん。
4発メインのレースなのに、1チームで4気筒。
新藤さん命名の「クラス1の異端児」通り、周囲と比べても中々異端な組み合わせでした。

前日にも秋ヶ瀬の耐久に出ていた、走るのが大好きな新藤さんにチームの運営を親切にリードしていただき、生憎の雨模様でしたが、安全に、冷静にでレースの駒を進めることに決定。
そして、レース自体は総合9位。全チーム唯一ベストタイムが50秒を切っていないにも関わらず、なかなかの快挙(?)と思います。

今までミニバイクで出場していたレースのようなピリピリした雰囲気にもならず、安全に終えられることができ本当に遠足にでも来たような良い日曜日になりました。

様々なバイクが一堂に出場できるGSRをありがたく思いつつ、走る楽しさにバイクは関係ないなと再確認。今後も出場したくなりました。